冷間成形とは?

冷間成形は、室温状態にあるコイル状の金属ワイヤー材を決められた一定の長さに正確に切断し、ツールとダイ内の空間を利用した金属の動きを継続的に行い、径の増大/減少、長さの延長/短縮、またはトリミングやピアスを行い、素材から少量の材料を取り除く等を行う高速の成形プロセスの事です。

金属は、限界降伏点を超えて圧力を与えられ、変形し、ダイから取外されても、その成形形状を維持します。金属は、抗張力を超えて圧力を与えられてはいけません。その場合には、破砕が起こります。(但し、トリムやピアスを行っている場合は、除きます。) 歴史的に冷間成形は、経験に基づく技術がベースとなっていましたが、現在は、コンピューターをベースにした解析用ツールが 常に開発されております。